一番最初に作った映像

一番最初に作った映像

 一番最初に作った映像は今から27年前、昭和60年、VHSの民生機を2台揃えて、片方から素材を再生してもう片方で編集していくというやり方で作りました。

  教育用の映像でしたので、提出されたシナリオに沿ってナレーターの音を録って、その声に音楽を重ねてメッセージの環境を作り、その環境とメッセージに想像力を広げて映像をカットインする方式で制作してました。

  ABロールなどの機材など使えませんでしたので映像のクオリティーは極めて低かったのですが、シナリオが映像作品になった感激はいまでも忘れられません。

]]

コメントを残す

サブコンテンツ

視点

【閃きのあった本】 ▼「人を呼ぶ法則」堺屋太一  大阪万博成功:良くて3000万人が史上空前の6422万人の集客、子供頃の熱狂の記憶や太陽の塔のあの顔はすぐ思い出す、あのコンセプト、企てが堺屋さんの周到な計画によるとは思わなかった。  沖縄の観光都市としての成功も堺屋さんの企てとは、「自分の地域はなにもないから」と諦めている方は一読を、大いなる閃きが。。

このページの先頭へ