マーケティングからDOGAAD ドガっ!

マーケティングからDOGAAD ドガっ!

  1985年日本経済新聞の販売部門で3年連続「トップセールス賞」「無料お試しの開発」、1991年日本トップクラス・マーケティングリサーチ会社で試行錯誤、1995年FNXより早くFAXダイレクトマーケティング運用成功、1997年日本初・マーケティングリサーチデータ「Mards]ネット販売開発、独立後・日本経済新聞のネット拡販研究、通称「i研」を主催運営、メッセージトレーナーソフトウェアの開発、2002年~さいたま総合研究所でのマーケティング戦略「総合参謀」企画、そして2007年マーケティングの集大成としてDOGAADドガっ!を開発・・ もういい?

えっ!  で、普通の映像制作とどこが違うかって?

う~んと、一言で言えば・・「マーケティングを中心とした映像なんで、掲載するだけであなたのブランドを創りだしていける」

「長期間、ホームページに掲載していると、じわりじわりと他社との差別化が浸透するんです」

ホントぉ~?

そう、差別化できるポイントがしっかり把握できていると、そのメッセージは長期間崩れないのです。 それは、あなたの生まれながらに持っている優位性だから崩れない、その優位性のメッセージはやはり掲載期間が長くないと浸透しないんですね。
そのユニークな優位性を発見できる業者と出会えるかがあなたの広告が成功するかどうかの鍵でもあると思います。
その ユニークな優位性(USP: Unique Selling Proposition)を動画で発信できれば、掲載するだけであなたのブランドを創造してくれるんです。

なるほど・・

コメントを残す

サブコンテンツ

視点

【閃きのあった本】 ▼「人を呼ぶ法則」堺屋太一  大阪万博成功:良くて3000万人が史上空前の6422万人の集客、子供頃の熱狂の記憶や太陽の塔のあの顔はすぐ思い出す、あのコンセプト、企てが堺屋さんの周到な計画によるとは思わなかった。  沖縄の観光都市としての成功も堺屋さんの企てとは、「自分の地域はなにもないから」と諦めている方は一読を、大いなる閃きが。。

このページの先頭へ